calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recommend

links

Time goes by

PC ONLY

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

<< だらだーら | main | 甘野老(あまどころ)斑入り葉2 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

椿・「月光(がっこう)」「卜伴(ぼくはん)」

NEC_0644.jpg

これは我が家にはない椿なんですが
とあるマンションのエントランスで見かけたので。

椿の月光です。
京読みで「がっこう」と読みます。
関東では別名の卜伴(ぼくはん)とも
浸透しているようです。


NEC_0641.jpg

つぼみ。

ふっくらとして
先すぼみの
椿らしいつぼみです。

雨の日だったんで
暗くてごめんなさい。

NEC_0643.jpg

蘂(しべ)の色が
紅色をしているのが
わかるでしょうか。

きちんと揃った蘂先の色が
黄色ではなく
白みが強いことを月に見立て
この花を眺めたのでしょうか。

NEC_0642.jpg

「日光(じっこう)」という子もあるようで
どんな感じなのか
是非見てみたいものです。

今年は相方が自宅に居たという
珍しい春だったのですが
そういえば椿展などへ
久しく出かけていません。

早くそんな普通のデートに
戻して行きたいものです。

話しがそれました。笑


銘柄の椿は
見ているだけで気品があり
圧倒的な何かがあります。
図鑑で見ていると
そんなに伝わらないのですが
LIVEの強みは
花の世界にもより深くあると
いつも思います。

だから魅せられていくのでしょうね。

この子の赤は高貴な深みがあり
蘂先の白とのコントラストが
悪天候にも見事な映え方でした。

同じ花色の赤にも
本当に幅が限りないです。


つばき科つばき属。

| 草花・木々・実 | 18:17 | comments(5) | |

スポンサーサイト

| - | 18:17 | - | スポンサードリンク |

Comment

去年の3月京都の人形の寺で有名な宝慶寺へ
お雛様の特別拝観に行った時
初めて月光椿を知りました。
お庭に日光椿もあったのですが
その時はまだ咲いていませんでした。
こんな椿初めて見た〜と大感激でした。

鹿ケ谷の霊鑑寺は椿の寺としても有名ですが
去年の連休に
ここで日光椿を見る事ができました。
また又感激でした。

おっしゃるとおり
気品を感じさせる深い真紅の花びらと
蘂先が全部白くなってふんわりした中心の月光
中心部が花びらの塊みたいで花びらも全部真紅の日光と
この種類だけは椿を見分ける事が
できるようになりました。
桂さんみたいにうまく表現できませんが
一度みたら忘れられない椿たちです。(*^_^*)

マンションのエントランスで見られるなんて
そんなにポピュラーになってきたのでしょうか?




| NAI | 2011/05/09 9:13 PM |
なんか作ったみたいな感じします。
白いとこがかわいい。
実物見てみたい!
こちらの団地で見かけた赤黒い椿の蘂も 花びらとお同じような色してました。 この椿 種できたらほしいと毎年見てるんだけれど できたところ見た事ありません。 ちょっと変った子は挿し木で増やすのかしら。
| さっちゃん | 2011/05/09 11:11 PM |
宝鏡寺としたつもりが変換間違っていましたね(^_^;)
すみません<(_ _)>
| NAI | 2011/05/11 8:57 AM |
NAIさん

京都はさぁ…もうすげえよね。
どこの建物行っても見応えたっぷりですもんね?
月光と日光は言い得て妙の命名に俺も思います。
そもそもこの花の作りで色合いで椿あり!って存在感が
ものすごいよね。
俺もいっつも忘れてんだよ。
でも見かけると吸い寄せられてしまう圧倒が確かにある。
インパクトって奴が椿の中でも強みとして
この子たちは持っていますよね。

発見した時にはびっくりして
妻に確かめてしまったくらいです。
似たようなもの、かな?って思う位さりげなくて。
でもそもそものマンションの元がお屋敷だったところで
きっと大家さんがこの子だけ手放さなかったんでしょうね。
この子ならば推定数十万クラスに位置するだろうという
幹の太さと丈を持っていましたから。
椿は樹齢十年位じゃこの大木にはなってきません。
ポピュラーという意味では
椿好きには絶対的な浸透はしていると思います。
ただ見かけることが少ない子は通の愛好家の皆さんが
絶やさぬよう丹精されているものが多いですよね。
品数ばかり出ても名花になる子って
氷山の一角なのかもしれません。
そんな訳で普通の庭木としましては
全然見かけませんねっ。(^^ゞ

訂正もありがとう♪
| 桂 | 2011/05/11 5:03 PM |
さっちゃん

椿は挿し木でもいけるけど
プロやセミプロの方々は
増やし方はもっぱら接ぎ木でされてるみたいだよ。
赤黒い椿もいっぱいあるんだよねぇ。
うちは黒い子は黒侘助しかないかなぁ。
その子も蘂は赤い赤い紅色だよ。
種はね…実は大事にされてる方は作らせないように
管理していると思います。
自然の流れではあるんだけど観賞用の花がメインの子は
早めに落としてあげちゃいます。
でもうちもあちこちから見つかるけどね。笑
大木になってくると目や手が届かんかったりしてさ。(^^)
| 桂 | 2011/05/11 5:11 PM |

Send a message