calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recommend

links

Time goes by

PC ONLY

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

お陰様からの屋根。

NEC_0712.jpg

無事に巷の大連休が終わり。
振り返れば奴がいた。
じゃなくて。

振り返れば全日隙間なく出勤。
毎日流れは土日。
むしろ曜日が日日日日祝日日。笑


NEC_0605.jpg

震災からの自粛ムードで
毎日暇になっちゃうのかな?
なんて案じてた気持ちは
開けてみればの
どこへやら。

充実した毎日。
有り難い有り難い。

STIL3484.gif

当然半ば辺りで↑↑
こうなってくる。笑

毎晩メシを用意して
「待て」の姿勢で
三つ指をついた正座で
帰りを待っていてくれ
毎朝殴る蹴るの極めてROCKの域や
言葉の壁や国境を超えた起こし方を
してくれた相方には
感謝の気持ちでいっぱいです。


や。
…嘘も混じってんだけど
殆んどホント。笑

NEC_0596.jpg

母の日の楽しい報告を
たくさんもらい
うれしそうに語る姿に
癒されまくり。

良かったね。
好かったな!
おぉ!よかったなあー!しか
相づち打ってないけど。笑

NEC_8215.jpg

十代の頃って
何故か「家族」とか「調和」みたいなものが
気持ち悪かった。

単なる卑屈で
憧れの裏返しだったんだな。

どうして素直になれなかったんだろう。
それが格好良いと
信じ込んでしまったんだろう。
反抗期は必要だというけれど
今になってみれば
自分は一生反抗期だ
それがROCKや!と
正当化していただけ。

ま。そういう音楽に
凄まじい勘違いは
若い歳のうちに必要だし
つきものなんだけどね。笑

日本でやるには
今は平和で豊か過ぎるよなぁ。
満たされ過ぎてて多分偽物だもの。

NEC_8224.jpg

だから震災の影響で
苦境の中から生まれてくるであろう音が
ある意味楽しみ。

ふるさとの地で体験した
寒い寒い絶望と無為の中から
魂をえぐり切り裂くような
曲を生みだしてくれるbandが
必ず存在するはず。
ぬるいどっかで聞いたことあるような
根底が豊かな音なんかじゃなくてね。

音を作る衝動の中には
激情の中からしか
生まれない時もある。
そしてそれが身に則した真実ならば
尚更の凄みを付加してく。
逆にめっちゃ楽しい曲も
生まれてくるかもしれない。
痛みを深く知ってるからこその。


正負双方の情念は
生じゃないと
伝わらないのかなとも思う。
それを形にしてくのが
面白みで
みんな作曲をやり続けるんだろうけどね。

少なくとも俺はそう。





母の日はそんな話しをしたよ。

屋根で星を探しながら。
ほうじ茶割り呑みながら。

そういう話しが
通じる化け猫とね。

NEC_8225.jpg
| ベクトルの向き | 05:50 | comments(0) | |

5/4

NEC_0701.jpg


まだ取り戻せる
まだ行ける
まだ
まだまだ
もうちょい。

似たような言葉ばかりを
何回言い聞かせては
本当はいつ一番に
自分を信じてやれてるんだろう。


NEC_0703.jpg


自分の中の金星は
誰かとの比べたがりの
ライバル心なんかじゃなくて
自分の内側でしかなく。

受け入れたつもりのアドバイスも
熟知してるはずの繰り返しにも
常に顔を出す慢心。


結局はいつも
自分で自分を過大評価した自分が
平気で自分の首をしめてる。


NEC_0688.jpg
| ベクトルの向き | 05:35 | - | |

「いのちの日」

NEC_0230.jpg

たくさんの文字が並ぶ
君の文章は
恐らく俺以外が見ることのないノートの中。

大切から抜け落ちた部分は
記憶がうまくやってくれてるんだと思いたい。

何があっても
想ってくれた人たちのことは
忘れようとはしていないから
それでいいんだろう。


独りぼっちだった311が
偶然多くの人の
忘れられない日になって
言い方は悪いけれど
いまさらの君の深い想いが
地中まで動かしたのかと
思ったりする。

それか
すべてが成仏したのか。
恨みつらみを
いつの間にか脱ぎ捨てて。


世の中は
不思議なことばかり。


偶然も必然なのか
必然が偶然性を
生み出すものなのか。

螺旋状に全部それは
決まってて
乗っかってんのか
記されていたもんなのか。

真っ直ぐの強さに
ふと気付かされる。
不可解だと温めてたもんは
割りとシンプルなのかもしれない。
| ベクトルの向き | 05:13 | - | |

何にもできなくない。

NEC_1851.jpg


おとといかな。
相方が
日本手芸普及協会で
募集していた
スクールバッグの
最後の一枚を作り終えたと
珍しく(笑)mailをくれた。

被災地の子供たちに
キルティング生地限定で
送っているんだそうだ。

「最後の生地はこれだよ」

高学年でも持てるようにと
シンプルな無地系ばかり
作っていた。

でもラストは
作ってる自分にも
力をくれる
アンパンマンの生地にしたんだって。

うむ。
そこら辺の菓子パンとの事情っつうのは
俺には良くわかんねーけど。笑


NEC_7901.jpg

「何にもできない」
ってやってたけど
色々やってんじゃん。
外に出て動くだけが
気持ちや結果じゃねえし。
簡単には動けない奴が
ほとんどなんだから。


夜なべは節電と
俺に寝ろと叱られるから
いつの間に?って感じ。
やるって言いだしたら
やるんだろうなっていう予想もあり。

四枚作れたみたい。

学校や幼稚園に保育園に
みんなが早く行けたらいいね。


「怨念とか呪いとか
隠し札とか
込めたんやろ?」
「もちろんpunk's not dead!!!
って刺繍したん?」
なんて俺は茶化してたけど。
もれなく一瞥食らったけど。
一撃はよけたけど。笑


NEC_7912.jpg

結局はマンパワーなんだよな。
先立つもんには
金が一番必要かもしんないけど。

気持ちが作るpowerって
形になったらすごいよね。
それが金でもモノでも。

送る側があれば受ける側にもpowerって必要で。

けど
今はスポンジみたいに
砂地みたいに
こっちからの激流を
ガンガンしみ込ませてく段階で。



想っています!
私はやってます!みたいなのは
自己満足みたいで
俺大嫌いだったんだけど

そうじゃないんだなって。
黙々とできることを
やってる奴を見ると
最近思う。

衝き動かされる感情って
損得じゃないんだよね。

俺は何か計算があるんじゃねえのかな
売名や打算なんじゃねえの?
疑り深いから
私設の街頭募金やコンビニ募金なんか
絶対やんない。
母体にしない奴がバカなんだ。
置いてある金があったら
人は盗むもんなんだろ?
……って
なっちゃった。


小さい子の臓器移植の募金に
だまされてたことがあって。
心臓替えなきゃ死んじまうんだ、
それは日本じゃできなくて
アメリカに行かないと。
なんて管つけて小さい身体で頑張ってて。
でもどろん。
会計報告は何年経った今もなされない。
その後の頑張ってる報告もない。

だからもう
私設は何にも信じてない。
気持ちを遣うことを閉じた。

いい歳して狭い奴だけど
痛い目に遭うと
人間そうなるもんで。
だったら最初からやらなきゃいいんだ。
なんてね。なっちゃった。

人には良心みたいなものがあって
お人好しとされる部分があって。
逆にそれにつけこむ奴も必ず居て。

「なんか…まーって
可哀想な人だね?(・ω・)」

蕩々とそれを喋ってたら
相方に言われたことがある。
仔犬がびっくりしたみたいな顔で。笑


NEC_0464.jpg


自分絶対主義みたいなのが
がらがらがっしゃん。

「は?
てめえが意味わかんねーし。甘いし」
みたいな負け惜しみ。

「ちっがうと
おもうなー(*´∀`*)」
飄々人な相方。



今なら
何となく分かる。

否定をするなら代案を出せ。
代案がないなら
口を開くべきではない。

想う気持ちは
信頼以前にはじまることなんじゃないのか。

遠回しに相方は
拙いことばをそんな意味に繋げてった。



蔑む気持ちは
確かに俺の中に卑屈を生んだ。
更に頑なにしたし
自身の中に遺ってしまった。
汚点みたいに
恥を伴って。


相方は敢えて
逆鱗に触れてくる。
触れなければ
それを超えられないことを
様々に体感してきては
はい上がってくる苦難も快感をも知ってるから。


変哲もないスクールバッグに
夫婦間の対感覚まで見直しさせられ。

また小さく改めては
進んでいけそうな気がしてくる。

「頑張ったなあ
偉かったなあ」と
相方を撫でてる自分が素直で
少し前の意固地を
今なら笑える。


NEC_7898.jpg
| ベクトルの向き | 08:55 | - | |

.

NEC_0384.jpg


歪めた理由は
数えればいろいろあるけれど
一番は自業自得を
心底わかってるってことなんだろう。


大切なのは
小さく許さないってこと。
許すってことは
もっと大事なんだろうけど
それは俺側の話し。


軽蔑に似た許さないってやつは
実はそうそう崩れない。




人として
許されること
許されないこと

人生なんかは
恐らく半分以上が
そこらへんでできてる。
| ベクトルの向き | 05:21 | - | |